パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

一月生まれの人のカラー

一年の始まりである一月の誕生色は「赤」です。
赤は一般的なイメージとして認識されている通り、
情熱や勇気をあらわしている色で、非常に活動的な印象を与えます。

外交的な気質や積極性あふれる行動が魅力であり、
性的な魅力も兼ね備えていると考えられています。
さらに太陽や怒りなどの意味も持っていると言われています。

対応するパワーストーン(ガーネット)

ガーネットは珪酸塩鉱物の糖質同像のグループ名称です。
学術的には14種類に細分化することが出来ます。

一般的にも一月の誕生石と考えられており、
結晶体が美しいという特徴を持った、赤いパワーストーンです。

ザクロの果実の粒の部分に似ているということから、
ガーネットと命名されており、日本語の表記でも「柘榴石(ザクロ石)」と表記します。

古くは燃える石炭とも呼ばれていたという記録があり、
優れた治療薬としても用いられていたと考えられています。
キリスト教の伝説「ノアの方舟」では、明かりの代わりに吊るしたと言われています。

持つ人には変わらぬ愛情が保証されるという言い伝えがあり、
同時に「忠実」を意味するとともに、「貞節を守る」という力もあるそうです。

血行の促進作用やデトックス作用もあるのだとか。

対応するパワーストーン(ストロベリークオーツ)

ストロベリークオーツは、見た目がイチゴの様であるという事から、
その名前が命名されたと言われているパワーストーンです。

クオーツとは水晶のことですが、このストロベリークオーツは赤色で、
水晶のなかに紅い短い結晶がいくつも入り込んでいます。

非常に希少性が高く、採掘するのは困難だと言われています。
別名として「勝利の女神」と呼ばれることもあるという特徴を持ちます。

女性としての魅力を最大限に引き出してくれると言われており、
同時に事業などを良い方向へ導くとも言われているため、ビジネスウーマンにオススメ。

対応するパワーストーン(紅ルチル)

紅ルチルはビーナスの髪や愛の矢を意味するとも言われている鉱物です。
そのことから、夫婦の仲を良くする水晶とも言われており、
さらには子宝に恵まれる水晶とも言われているそうです。

洞察力や直感力が高まるとも言われており、それ故に霊感も高まります。
その為、諸々の事象の真偽を確かめる目が養われます。

咳を抑えたり、気管支の調子を整える効果があるとも言われています。

情熱や自信が体の奥底からわいてきて、一段と人間として魅力が発揮されるでしょう。
ブレスレットやペンダントなどにして身に着けることがオススメですが、
特に左手にブレスレットをするのがオススメです。

以上が一月の誕生石でした。