パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンは人の念や気持ちを吸着するという性質を持っています。
それ故に、人間の手元で長時間を経過した場合には、
石を浄化して「自然な状態」にまでリセットしてあげる必要があります。

あまりに人間のエネルギーを吸い続けてしまった石は、
その働きが半減してしまうかもしれません。

では、具体的には一体どのようにしてリセットをすればいいのでしょうか?
その答えの一つとして挙げられるのが「浄化」です。

浄化することによって、石が本来の自然エネルギーを取り戻し、
その力を最大限にまで引き出すことが出来ると言われています。

はじめてパワーストーンが手元にきた時や、時間の経過で石の働きが鈍くなった・・・
と感じた時には、是非、浄化にチャレンジしてみてください。

浄化の方法1【水晶】

パワーストーンを浄化するときに、もっともポピュラーな方法として、
挙げられるのが「水晶クラスター」を用いた手段です。

クラスターというのは英語で「集合体・群」といったニュアンスの単語です。
直訳すれば、水晶の集合体という意味を持っています。
いわば「結晶の塊」と捉えることが出来ます。

水晶は、クオーツやクリスタルの一種として知られています。
クオーツの中でも、特に透明度の高い石が水晶と呼ばれます。

そして、この水晶のうえに浄化したい石を置くことで、
石を「ゼロ」の状態に戻すことが出来るのです。

これは水晶の特徴によるもので、陰と陽のバランスが非常に良いということが、
大きな背景となっています。

水晶クラスターが、バランスを整える強力な波動を放つことから、
この浄化方法は非常に有効だと考えられています。

浄化の方法2【塩】

もっとも手軽な方法として挙げられるのが「塩」での浄化です。
どの家庭にも常備されているであろう「塩」の上に、
浄化したいパワーストーンを置きます。

期間の目安としては、大体丸一日程度が基準となります。
念入りに浄化したいという場合は、それ以上行っても良いでしょう。

浄化の方法3【流水・湧水】

水道水やミネラルウォーターなどではなく、
山や川などに流れているキレイな水で浄化するのも1つの手段です。

湧水や流水などに約一時間程度の間、石をしずめて浄化を行います。

浄化の方法4【日光にあてる】

家庭でも出来る浄化の方法として挙げられるのが、石を日光にあてるという方法。
一時間程度でも十分な効果を得られるというメリットがあります。

基本的には、夜明けから8時くらいまでの間に済ませるのが理想的です。
朝日にあてるというのがポイントになってきます。

同様に、月光にあてるのも効果を期待することが出来ます。
特にオススメなのが満月の時で、目安は約3時間程度です。
月が欠けている時は時間を長めにとりましょう。 また、パワーストーンは歯の痛みに効くそうです。 インプラント歯科治療についてはこちらhttp://xn--eckvdxb1d3bc2433joosb.tv/01.html