パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

パワーストーンで自宅を開運

家は一日の疲れを癒してくれる寛ぎの空間でなくてはなりません。
特に、ストレス社会とも言われている現代の日本では、
仕事などの人間関係や交友関係ひとつをとっても、非常に大きなプレッシャーです。

だからこそ、自宅という空間で心身ともにリセットする必要があります。

しかし、もし家の中が過ごしずらいとしたら少々の工夫が必要かもしれません。
また、もしも家をもっと過ごしやすい空間にしたいと考えている人がいれば、
色と方位、そして「パワーストーン」を活用してみても良いでしょう。

人間が色を認識するのは、目から固有の波長を持った波動を確認するから。
その点を考えれば、色が人間の生活と密接な関係を持っているのは明白です。

方位にも固有の波動があると考えられており、
それぞれの波長と色彩の組み合わせによって、
エネルギーをよりいっそう高めることが可能となるのです。

もちろん、エネルギーの循環が滞りがちになり、
質も量も損なわれてしまうことになる組み合わせもあります。

その点に注意して、より過ごしやすい空間を作りましょう。

パワーストーンの活用

身体と心、そして部屋などの居住空間の全てで、
エネルギーを高めて、循環させることが必要になると考えられます。

その目的を達成するために役立つのがパワーストーンという訳です。
色と方位を意識して、部屋に置くことによって効果を得るという方法もありますが、
常に身に着けておくことによって、身体にダイレクトにパワーを吸収することも出来ます。

石の選び方としては、基本的に自分が気に入った色でOKです。
気に入るという事は、その色の波長が、その段階で不足している…
と解釈することが出来るからです。

もちろん、その色が誕生色と重なっていると非常に有効です。
自分の目的(金運アップや恋愛成就など)と合致していれば尚、素晴らしいでしょう。

部屋のカーテンの色や壁紙の色、その他の置物の色をとっても、
普段生活しているなかで私たちの身体と精神に大きな影響を与えています。
石を利用して、部屋のエネルギーをコントロールするだけではなく、
部屋の全体の小物にまで気を使ってみましょう。

パワーストーンの置き場所

玄関には落ち着いた暖かい印象を与えるカラーを意識します。
暖色系の色と寒色系で半分くらいのバランスにしていきます。

お勧めの石は「レインボー水晶」です。

キッチンは白や明るいアイボリーカラーをベースにします。
オレンジやグリーンを程よく配置するとGOODです。

水晶で雰囲気を整えるのが理想的な選択です。

リビングは家族が集まってくる部屋ですから、暖色と寒色をバランス良く混ぜます。
ローズクオーツを置くと、家族の関係を良くしてくれます。