パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

パワーストーンの形状

パワーストーンを選んだり組み合わせたりするときには、
必ずチェックしておくべきポイントが二つあります。

その内の一つは「色」です。
誕生色に代表される色彩による「エネルギー」によって、
石の特徴と能力を最大化することが出来るといっても過言ではないでしょう。

さらに、そこに加わる要素として挙げられるのが「形」です。
どんな形状をした石であるか…というポイントを抑えることで、
その働きと能力を大きく左右することが出来るのです。

ここでは、そんなパワーストーンの形状について解説しています。

ちなみに、色は人間の感情に作用し、形は知性に働きかけるとも言われています。

ボール(玉)

丸い形をした水晶玉を使って占いをする様子を見たことがある人は多いでしょう。

ボール状の石は、エネルギーをバランスよくもたらしていて、
非常にポピュラーな形としても知られています。
良質の波動を全方向に飛ばし、悪質な波動は全方向から吸収できる…
というのが最大のメリットであると言えます。

宇宙の構造と同じ形状をしているということから、その効果は最大化されるとも
考えられることがあり、思考力のアップや行動力を養うといった効果もあります。

水晶やローズクオーツ、レインボー水晶などが相性の良いパワーストーンです。
大きい玉ほど大きなエネルギーを秘めていると言われています。

たまご型

ボール型から派生して出来たのが、たまご型です。
居住空間を快適化するという目的に対しては、
この形状がもっとも効率的に役割を果たすと考えられます。

エネルギーを循環させるだけではなく、
新しいエネルギーや「もの」を作り出すという力があると言われています。

エネルギーの放出に関しても、非常にバランスが取れていると言えます。

相性の良い色は純白の水晶や緑のグリーンファントム、
乳白色のホワイトガーデンクォーツなどが挙げられるでしょう。

六角柱型

六角柱は水晶の基本的な形態として知られているパワースト―ンのポピュラーな形状。
先端の部分はとがっており、そこを「殺」と呼びます。

この部分は悪玉のエネルギーを殺したり浄化したりする働きに優れており、
ストレスの解消などにも大きな働きをもたらすと言われています。

設置する時には、必ず窓や玄関付近にしましょう。
これは外部から流れ混んでくる悪いエネルギーを防ぐことが出来るからです。

もちろん、普段から持ち歩くという方法をとってもいいでしょう。
ペンダントなどのアクセサリーにしたり、ポケットに入れておくだけでも、
大きな効果を得ることが出来るでしょう。