パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

六月生まれの人のカラー

六月はちょうど梅雨の季節にあたる時期ですが、
そんななかで生まれた方には、乳白色のカラーがピッタリです。

穏やかな印象を与え、成熟を象徴する色味であると同時に、
実直なイメージと協調性を連想させるカラーだと言えるでしょう。

さらに、中庸を意味するという側面がある一方で、
曖昧さを感じさせる一面もあるかもしれません。

母性や温かさを感じさせるという特徴も持っているという背景もあり、
大地や神秘などの象徴としても捉えることが出来ます。

この乳白色に対応しているパワーストーンとして挙げられるのが、
ムーンストーンでしょう。

この他にも、ラビットヘアルチルやマザーオブオパール、
ホワイトガーデンクォーツやホワイトファントムなどが挙げられます。

対応するパワーストーン(ムーンストーン)

六月の誕生石としてもっともポピュラーな存在であるムーンストーン。
和名では「月長石」と表記しています。

イギリスの国王であったエドワード六世は、月の満ち欠けによって輝きを変える、
特別なムーンストーンを所有していたと言われており、
その乳白の奥に隠された神秘性に魅力を感じます。

古代インドにおいても月が宿る聖なる石として崇拝された歴史を持ちます。
柔らかい光が何となく月の光をイメージさせることから、
世界中で神秘的な月光を連想させたのでしょう。

中世のヨーロッパにおいては旅人の石としても重宝され、
旅の安全を守る護符としても用いられていたそうです。

思い通りにならない時にイライラする性質を持っている方や、
自分の判断に自信がない・・・という気質を持った方には、
是非、所持して頂きたいパワーストーンだと言えるでしょう。

身体に対しても、新陳代謝を促すという効果があると言われており、
ストレスの緩和やホルモンバランスの正常化にも大きな効果があるとされます。

対応するパワーストーン(ラビットヘアルチル)

ラビットヘアルチルは水晶の一種であり、水晶のなかに細い毛の様な結晶が、
含まれているものをこう呼称しています。

お金をためたいと考えている方にはピッタリの石かもしれません。

急に金運が高まって大金が手に入る・・・というような効果ではなく、
日々の出費をおさえて生活のなかでお金がたまるようになるという効果があります。

孤独感を感じている方や、共感を得たいという方にもおすすめで、
身に着けることによって、このような悩みから解放されます。

対応するパワーストーン(ホワイトファントム)

別名「幻影水晶」とも呼ばれている特殊な水晶です。
非常に希少なパワーストーンで、白色の結晶が何重にも重なっています。

現状よりも高みへ上りたいと考えている人に最適で、
活力とチャレンジの精神を促してくれます。