パワーストーンのちから

Power Stone Date Base

メインイメージ

五月生まれの人のカラー

五月は春まっさかりと言った季節ですが、
そんな中で生まれた五月生まれの方には、グリーン(緑)がピッタリのカラーです。

グリーンは目に優しい色として一般的に柔らかいイメージがありますが、
そのイメージのとおり、緑が持っている意味としては安らぎや休息などがあります。

癒しの効果などがあることから、解放を意味することもあり、
ナチュラルな印象を与えて成長を促すといったような意味合いもあります。

調和と希望の象徴であり、直感を示すこともある色味です。
受容を象徴するとともに、注目を集める色でもあります。

この緑に対応しているパワーストーンとして挙げられるのが、
ヒスイ(ジェード)やグリーンファントム、そしてマカライトです。

対応するパワーストーン(ヒスイ)

翡翠は中国では最も高貴な宝石として扱われていた石です。
ジェダイド(硬玉)とネフライト(軟玉)の総称であり、
日本においては、勾玉がもっとも有名な利用例です。

日本では新潟県糸魚川の周辺が知名度の高い産地として知られており、
その地域から産出された翡翠によってつくられた勾玉は、
日本中の遺跡から発掘されているということから、
縄文時代の交易の様子を窺い知るヒントとなると言われています。

パワーストーンとしては、知恵を与える石と考えられています。
これは、もっとも有効なパワーとして、非常に有名な知識です。

妬みや憎しみ、災いなどの「悪い事柄」から身に着けている人を遠ざけ、
幸せをもたらして災難から身を守ると言われています。

そんな背景から、中国では母親が子供の為に最良の翡翠を探すそうです。
お守りとして身につけさせると良いのだとか。

対応するパワーストーン(マカライト)

マカライトは和名ではクジャク石と呼ばれているパワースト―ンで、
その名の通り、クジャクの様な美しい深みのある緑をたたえています。

安らぎと喜びをもたらしてくれる効果があると言われており、
さらに、冷静な分析力をもたらすとも言われています。
自分のおかれている状況がはっきりと見えるようになり、
問題を解決するための理解力と処理能力を高めてくれます。

災害や事故などの災難、病気や経済難などをシャットアウトしてくれる…
という効果もあるので、心の平安に役立つと言われています。

地震などの災害や、経済的な不安を抱いている方は身に着けておくと良いかもしれません。

ちなみに、このマカライトは紀元前4000年頃からパワーストーンとしての、
効果を見出されていたと考えられており、顔料・化粧品として用いられました。

魔除けなどの宗教的な意味合いを持ちながら、虫よけという、実用的な側面も、
併せ持っていたと考えられています。